Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Sponsored links
今、何時?
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
タバコと新型肺炎
自分の周りには、ずいぶんとタバコを吸う人が少なくなってきている。というか、タバコをほぼ人生の中で吸ったことがないので、タバコを吸う人の近くに寄らないようにしているし、タバコを吸う人も、私がタバコ嫌いだと知っていて、決して吸ってくれないからかもしれない。

おかげで、空気がきれいでありがたい。

でも、先日は、仕事の打ち合わせで、ある業者の30代前半の若い男の子と接する機会があった。約30分ほど外で話したが、その間、何本も吸うではないか。本当に驚いた。「この人、肺とか大丈夫かなー?」と心配になった。


最近、健康のためにと加熱式タバコを吸っている人も良くみかける。







禁煙したい人が加熱式たばこに逃げることは、やっぱり危険なワケ

2020年3月24日 08:00PIXTA

米国の医学誌NEJMで発表された論文によれば、現在喫煙している人、および過去に喫煙していた人が新型コロナウイルスに罹患した場合、重症化リスクは非喫煙者と比べて2倍、人工呼吸器装着や死亡のリスクは3倍高いことが明らかとなった。


紙巻きたばこだけでなく、流行の加熱式たばこを愛用している人も要注意だ。

紙巻きたばこをやめたい人たちが 「加熱式たばこ」に移行

マスクを手に入れるより先に、やるべきことがあるかもしれない――。



喫煙が「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」、別名「たばこ肺」を引き起こすことはよく知られる。

気管支や肺胞に炎症が起こり、やがて肺胞が破壊されて肺が機能しなくなってしまう疾患だ。

たばこを吸っているとCOPDだけでなく、気管支ぜんそくや肺結核、さらに肺炎にもかかりやすくなる。

加えて、喫煙はがんや虚血性心疾患、脳梗塞の原因にもなる。

喫煙が原因のがん、循環器疾患、呼吸器疾患で死亡する人は年間12万〜13万人

※2,3,4年間死亡者数全体の1割を占めている。新型肺炎の死亡者数どころではない。

禁煙運動が活発化する時代、たばこを吸う人はさすがに減りつつある。

厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、喫煙習慣のある男性は平成元年には55.3%と半数以上だったが、平成30年では29%と3人に1人。


健康上の理由はもちろんだが、「女性ウケが悪い」「おじさんっぽい」「かっこ悪い」といったネガティブなイメージも影響しているのかもしれない。


問題は「紙巻きたばこはさすがに健康に悪そうだし、やめようか」と思った人々が、今続々と「加熱式たばこ」にハマっていることだ。

タバコの葉を加熱しエアロゾルを発生させる加熱式たばこの使用者は、前出の調査では喫煙者のうち30.6%とかなりの割合に達している。


紙巻きたばこに比べれば健康的なイメージがあり、スマートでオシャレなうえ、臭いがさほど気にならない――との評判から、あっという間に人気が高まったのだろう。

どちらのタバコも、身体に良くないことはわかっている。

タバコは、「百害あって一理なし」と言われるので、できればみんな禁煙してほしい。
posted by: クー・ジャム | 話題 | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:15 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック