Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Sponsored links
今、何時?
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
新型肺炎
ついに青森県で、コロナウィルスの患者が出たらしい。


青森県で感染例が確認されたことで、感染例が確認されていないのは岩手、山形、富山、鳥取、島根、鹿児島の6県を残すのみとなった。


いずれも都市部ではないが、中でも鹿児島は人口約160万人を抱える。

新幹線の終着駅でもあり、人の出入りもある。感染者なしの理由には珍説が出回っている。

「ツイッターでは鹿児島県民は芋焼酎で毎日喉を消毒していることや鶏刺しにあたらない強靱な肉体、火山灰で肺が鍛えられているなどの説がまことしやかにささやかれています」と地元関係者。

確かに鹿児島県は焼酎が有名で、酒豪が多い。

鶏刺しとは郷土料理で生の鶏肉の刺し身だ。

桜島の火山灰は天気予報ならぬ降灰予報があるほど、身近なものだ。

まさかそれでコロナが防げるわけではないが、不安ばかりの世の中で、この前向きさが良いのかもしれない。

でも、油断は禁物!
鹿児島県人の中には、「きっと、ウィルス保菌者はいるはず」「ただ検査体制が遅れているし、検査すら機械も少ないので発見されていないだけかも。だからその間、無症状のまま自然と治っていっているだけかも」と言う人もいる。

いずれにしろ、このまま、早く収まってほしい。そして早くワクチンを作って、このウィルスを乗り切ってほしい。
posted by: クー・ジャム | 本日の話題 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:03 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック