Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Sponsored links
今、何時?
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
リーマンショック
2008年にリーマンショックといことがあった。
あの時のことは鮮明に覚えている。
株が暴落し、田舎の企業まで仕事がなくなり失業者が増加した。

リーマンショックとは、
まず、アメリカでサブプライムローンという、低収入というかいわゆる貧乏な人向けのローンがあった。

それは一般の人向けのローンよりも利子は高くつく。

サブプライムローンの大元はリーマンブラザーズっていうアメリカの証券会社だ。

簡略するとリーマンブラザーズが貧乏人向け住宅ローンをやってたと思ってください。 で、そのサブプライムローンが流行ってたころ、アメリカの地価が上昇してたので、貧乏な人たちはそのローンでお金を借りて土地が高くなったら売って儲けて借金とかを返そうとしてたんです。大まかな話。

ですが、不景気がおきて予想とは裏腹に地価が下がってしまいました。

ここで問題だったのはアメリカの住宅ローンのシステムです。

日本の住宅ローンはローンが残ってる限り家を手放しても払わなくてはいけませんがアメリカの場合家を手放せば残りのローンは払わなくて良いのですよ。

早い話がローン全部返済してなくても家を売り払っちゃえば借金チャラです。

なので、払えなくなった人たち(払えなくなった原因は不景気と思っといてください。後このまま家を持っていても地価が上がりそうに無いから損すると考えたんだと思います。)が次々家を手放しました。
まあそんな紆余曲折があってリーマンブラザーズが貸したお金を返してもらえなかったりして経営が悪化して倒産したんです。

リーマンブラザーズって言うのは大手の証券会社だったので、他にも社債とか発行してたので、それを持ってた他の銀行とかの経営も悪化してしまい、アメリカが更なる不況に追い込まれてそれが日本とか他の国々にも影響したわけです。

簡単に言うと。 お金を借りてた人たちが返済できなくなったこと=サブプライムローン問題 それによって貸していた会社(リーマンブラザーズ)が経営悪化、後に倒産。

それによるアメリカ経済、世界経済への(悪い)影響、要するに世界的な不況=リーマンショック 今回のコロナウィルス問題が、本質は違うが、こんなふうになっていかなればいいが。
posted by: クー・ジャム | 政治・経済 | 07:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 07:40 | - | - | - | - |
リーマンショック級が増税の後に来ましたね。最悪のパターンだ。結婚式もダンス大会も中止。花粉症も始まり、バッタイですがよ。ハックショ〜ン&#10082;
| 結婚式ノリノリの・朔太郎 | 2020/02/29 7:14 AM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック