Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Sponsored links
今、何時?
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
小樽ワイン
ある会社の株を最低数持っている。
この会社は、配当金もあるが、株主優待も魅力だ。

今や低金利の銀行に預けるより、こういう預け方もいい。配当金と優待で、15年持っているだけで、元は取れる計算だ。

以前北海道に行った時に、小樽ワインが空港などで売っていたが、少々高くて買わなかったので、今回、優待で注文した。




おいしいそうなワインが4本も送ってきた。

冷やして飲んでみた。

こんなにうまいワインは初めてだ。
まるで、ぶどうジュースみたいにフルーティーだ。でも、アルコール度数は、8.5もある。

これなら女子も、あまりワインが好きでない人も飲めるかも。



知る人ぞ知る、最大の「日本ワイン」専門メーカー


『「日本ワイン」とは、日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で醸造されたワイン』のことを指し、現在国内外で注目を浴び、人気が増してきています。

北海道小樽市に本社を構え「おたるワイン」の通称で親しまれる「北海道ワイン株式会社」は、年間250万本以上の「日本ワイン」を醸造し、平成26年(2015年)には全国で製造された18613kLの「日本ワイン」のうち10%超の1950kLを醸造している、最大の「日本ワイン」専門メーカーです。



創業以来続く、国産ぶどうへのこだわり 「おたるワイン」の原料ぶどうは、300件を超える契約栽培農家の皆さんや、日本最大のワイン用自社農場「鶴沼ワイナリー」(総面積は東京ドーム100個分以上!)などから国産の生ぶどうだけを受け入れています。

国産ぶどう100%へのこだわりは、1974年の創業以来ずっと変わりません。


瓶詰め時に熱を加えない「生ワイン」です。

「おたるワイン」は全商品、瓶詰め時に酵母の活動を止める為の加熱殺菌を行わない「生ワイン」です。

醸造後のワイン中に含まれる酵母は瓶詰め前にフィルターで取り除き、ワインの繊細な香りに加熱の影響を与えずに瓶詰めを行うので、果実香豊かなワインをお楽しみ頂けます。(※「生」といっても常温保存で熟成も可能です)


北海道の厳しい寒さが生んだデザートワイン

凍結による濃縮で豊かな甘みと香りを生み出す、おたるワインの「特撰シリーズ」。その最初のきっかけは、冬季に雪に埋もれた屋外タンクの中で、醸造中のワインが凍ったことから見出されました。甘口のワインが凍結濃縮により濃厚な味わいに変化していたのです。それを応用し、製品化したものが現在の「特撰シリーズ」です。



2016ヴィンテージから「おたる醸造」へ 平成30年10月30日から「日本ワイン」の新表示基準が適用されます。これに伴い、「おたるワイン」のラベルに2015年ヴィンテージまで使用してきた「おたる」ロゴを、2016年ヴィンテージから「おたる醸造」の新ロゴにリニューアルします。

posted by: クー・ジャム | 株主優待 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
防草シート
わずか30坪ほどの畑に草には参っている。

そこで、畑の半分ぐらいを防草シートで覆うことにした。

まず、刈り払い機で草払いしたあと、表面の凸凹をレーキで均し、そこに黒いシートを上から貼り、ピンで留めて、その上ブロックなど重しを置く。

まわりに土を被せて終了!








草が生える原因は、水と光らしい。それを遮断すれば草の成長は止まるらしい。

この防草シートは、5年くらい保つらしい。

残りの半分の面積で、家庭菜園をしたい。

炎天下の中での作業は、本当に暑かった。水分補給しながら、なんとか作業を終えた。
posted by: クー・ジャム | 畑・野菜・墓地 | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
草刈り
約30坪ほどの家庭菜園畑が、草ぼうぼうになってきている。

わずか2週間前に、刈り払い機で草刈りしただけなのに、もう10センチぐらい伸びている。

昨日は、草刈り機の刃を、ナイロン糸に変えて、地面ギリギリから草刈りしてみた。

1回目を草刈りし、さらにとどめでもう一回草刈りした。

きれいに土が見えるくらいまでになった。

でも、砂ぼこりで、身体中汗と土でまみれた。

作業着が、土ボコリで泥が付いたようになった。

喉も鼻の中も土がついているかも。


わずか30坪の土地の維持管理だけで、こんなに苦労するのを思うと、土地をいっぱい持っている人は、維持管理にどんだけ大変なんだろう。

土地、建物など不動産は、ある程度歳をとってきたら、ない方が楽かもしれない。持っているがゆえに、維持管理作業をしなければならない。自分でできるうちはいいが、できなくなると、人に頼まないといけない。お金が必要になる。

何事もほどほどが一番かな。
posted by: クー・ジャム | 畑・野菜・墓地 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
富良野メロン
北海道の親戚から贈ってきた、富良野メロンを食べてみた。

もう1週間くらい常温で熟成させたので、お尻辺りが柔らかくなってきていた。

切ると鮮やかなオレンジ色!




一口食べると、甘くておいしい。

最後は、スプーンで皮の近くまで削って食べたくなるくらいだ。

夕張メロンに負けないくらいだ。

4個あったが、子供達や近所の方にあげたので、1個しかないが味わって食べたい。
posted by: クー・ジャム | めずらしいもの | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
焼肉
ずいぶん前に、インターネットを見ていたら、J A宮崎が、牛肉に特売をしていた。そこで、注文したら、なかなか送ってこない。2ヶ月ぐらい経った、先日、忘れた頃に送ってきた。





そこで、昨日は、焼肉をして食べることにした。

煙の少ない焼肉器でジラジラ焼いて食べるとおいしいこと。

家で焼肉ができる。

外食で食べるより安くつく。

特に小さい子がいる人は、チョロチョロする子を見ながらだと食べた気にならないと思う。

家で食べた方が楽だ。

だんだん外食が減ってきそうな気がする。
posted by: クー・ジャム | 買い物 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
優待券
高牧カントリーから、誕生月優待券が送ってきている。

7月も、コロナでほとんどの行事もなく、飲み会もなく、あっというまに終わってしまった。

ゴルフも行きたかったけど、4人集まらないといけない。




この券は、誕生月を含んで4ヶ月有効なので、10月まで使える。

プレイ料から3000円引いてくれる割引券だ。

10月までに一度は、高牧カントリーでゴルフしてみたい。

女子ゴルフのT POINTレディースがあるトーナメントコースだ。

左右ドックレッグが多いイメージだが、それなりに難しい。クラブハウスや、レストランの食事、お風呂もいい。


企画して行ってみたい。
posted by: クー・ジャム | 健康・運動・スポーツ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まるで海外?
今朝の南日本新聞に、日本で、まるで海外の有名地にそっくりなところのベスト10が載っていた。




1位は、大分県の竹田城跡が、ペルーのマチュピチュに似ているらしい。







また、3位は、香川県の父母が浜が、ボリビアのウユニ塩湖に似ているらしい。







どちらも南米にある、一度は行ってみたいところだが、時間とお金と健康が揃わないととても行けそうにもないところである。

が、国内だったら、このコロナが終息したら行けないところでもない。


何年先かわからないので、

6位の日南海岸ぐらいに行って、ハワイの雰囲気でも味わってみたい。
posted by: クー・ジャム | 旅行 | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
商品券
南九州市が、プレミアム付き商品券を発行するとのこと。

南九州市の広報誌に載っていた。





ページの中のハガキに住所氏名を書いて、切手を貼って投函する。




後日、厳正な抽選をして、当選者に引き換え券でも送ってくる。

プレミアム商品券は、1世帯2万円分まで交換できるらしい。

2万円分で、3万円分の買い物が、南九州市内の商工業者で使えるらしい。50%のプレミアムがつく。


使える期間は、9/1から12/31まで3ヶ月間。

でも、お隣の南さつま市は、もう、ずいぶん前に、全世帯に、ハガキを送り、希望者全員がこのプレミアムを受け取る権利があったのに、我が南九州市は、「今頃?」「しかも抽選?」
「しかも100%じゃなく50%??」「しかも63円切手を自分で貼れ!??」
なんかやる事が後手後手で、他の市町村の真似をしているだけで、しかも、後からする割には、全員じゃなく抽選?なんて!


今回のコロナのことで、いろんな対策が近隣市町村と比べて後手後手に回っている感が否めない。

行政にはもっともっと、民間に市役所職員を街中や、商工水産業者や農家に出向かせて、実態、現況を把握して、早急に、いろんな対策を先行投資してもらいたい。そうでないと、これから冬、来年にかけての未曾有の不景気は市民にとって大変なことになるかもしれない。
posted by: クー・ジャム | 話題 | 06:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
富良野メロン
北海道の親戚から、お中元に、富良野メロンが4個送ってきた。


北海道は、夕張メロン、富良野メロンなど、メロンの有名産地だ。




お世話になってる近所の方に1個差し上げて、2個は、子供達家族にそれぞれあげて、1個だけ食べよう。

お尻が柔らかくなったきた時が食べ頃らしい。

今から楽しみだ。
posted by: クー・ジャム | めずらしいもの | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
空芯菜2
先日、友人から空芯菜をもらって炒めて食べたらとてもおいしかった。

その後、会合でその友人に会い、お礼を言って、まだあったらちょうだいね。と、言っていたら、また、昨日持ってきてくれた。


さっそく、夜ご飯で炒めて食べた。





オリーブオイルでにんにくを炒め、そこに空芯菜を投入。

あとは塩胡椒でしんなりなったら終わり。

超簡単な料理。

食べると旨い!

南国、東南アジアを思い出す。

タイなどでは、空芯菜は、雑草のようにあちこち生えているらしい。

安くて早くておいしいこの野菜料理は、いつも頼む定番メニューだ。

水みたいなビールによく合う。
posted by: クー・ジャム | 食べ物・飲み物 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |